アクセス

〒586-0001
大阪府河内長野市木戸1丁目44-1
千代田駅 徒歩7分

お電話でのお問合せはこちら

診療時間

診療時間

  • 休診日:水曜、日曜・祝日・土曜の午後
  • 診療受付は、診療終了の15分前までになります。
  • 緊急の患者さんに対して、治療を優先させて頂く場合がございます。

Care My Pet ― 動物病院の検査情報サイト

ノミ・ダニ対策

ノミの感染

犬やネコがノミに刺されると激しいかゆみを起こします。

さらに、掻きむしったところが傷となり、化膿したり、ノミアレルギー性皮膚炎を起こしたりします。
また、嘔吐や下痢の原因になる瓜実条虫(サナダムシ)に感染してしまう可能性もあります。

ノミの繁殖力は強く、寄生後24~48時間で産卵します。
その後、卵は体から落下して、ペットの寝床や、カーペット、畳などでふ化して成虫となり、再びペットに寄生します。そして、その成虫がまた産卵・・・というライフサイクルを繰り返して増えていきます。
また、ノミは気温13℃以上あれば、繁殖を繰り返すことが出来ます。


マダニの感染

マダニも刺されると皮膚炎だけでなく、様々な病気にかかる可能性があります。

犬では貧血、発熱、食欲不振、黄疸などを起こし、急性の場合は死に至る可能性のある『バベシア症』や、ネコでは貧血、発熱、元気消失などを起こす『ヘモプラズマ症』があります。
また近年、人がマダニに刺されることにより、『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』に感染して命を落としていることもあるので、ペットだけでなく、ご家族の命を守るためにも、マダニ予防は重要です。


ノミ・マダニ予防

予防薬には、首の後ろに落とす液体のスポットタイプと飲み薬タイプがあります。

ノミ・マダニは春から秋にかけてが一番活発ですが、室内飼いの子の場合は、ノミ・マダニを家の中に持ち込むと、冬場でも暖房がきいた暖かい部屋の中で、繁殖が成立することがあります。
そのため、室内飼いの子の場合は通年のノミ・マダニ予防をおすすめしています。

また、飲み薬タイプでは効果が3カ月間持続するものもあります。